合宿免許は普通に教習を受ければ、免許取得ができるのですが、なかにはなかなか試験に受からず、結局免許取得を諦めて挫折してしまう人もいます。

合宿免許で挫折した人の話

合宿免許での挫折

人によっては合宿免許が苦手な人もいます。慣れない土地に2週間程度住むのは、それだけでも気苦労などあり、精神的に疲れるものです。さらに、そこで講習を受けて免許取得を目指すのは、なかなか大変なのです。本来、運転免許は数ヶ月かけて学ぶのですが、合宿免許ならば2週間程度で免許取得が目指せます。その分、カリキュラムはぎっしり詰まっており、集中して学ばないといけないのです。

知らない土地で戸惑うことも

合宿免許は人見知りには大変

特に人見知りが激しい人だと、知らない土地で数週間生活するだけでも、いっぱいいっぱいになるでしょう。そのような精神的疲れが、勉強の邪魔をしていますのです。自分は覚えられると思っていた運転技術が、なかなか覚えられず、他の人よりも習得ペースが遅いことに焦りを感じてしまうのです。うまくいかないことで、どんどんドツボにはまり、劣等感や悔しさを感じて精神的に落ち込むこともあります。

運転することに対するプレッシャー

合宿免許のプレッシャー

また、車は人の命を奪うこともあります。それゆえ、運転することに対して、極度のプレッシャーを感じてしまい、運転がうまくいかないケースもあるのです。昨今でも交通事故ニュースは多く、自分も事故を起こしてしまうのではないかという不安から、運転がうまくできないこともあります。極度の精神的プレッシャー状態では、ハンドルを握り、アクセルを踏むという、同時に複数の動作を行うことが難しく感じてしまうのです。

ホームシックになり挫折する人

家が恋しくなり挫折

合宿免許に参加する人のなかには、ホームシックになり挫折する人も何人かいます。特に、これまで親元を離れて数週間、外で過ごしたことがない人は、合宿先でホームシックになりやすいのです。宿泊先で極度のホームシックにかかり、免許取得を断念して帰ってしまう人もなかにはいます。

免許合宿に挫折する人は意外と高学歴の学生も多い

運転合宿に挫折する高学歴の学生

意外なことに、合宿免許に挫折する人は、頭の良い高学歴な学生である場合もあります。弁護士になれるほどの頭の良い学生が、なぜか合宿免許で挫折するケースもあるのです。運転技術というのは、頭の良さではなく、的確な判断を要するものなので、必ずしも学力が高いことは関係しないことが言えます。逆に、これまで勉強ができていた学生ほど、運転ができないことに戸惑いを感じて、初めて挫折することがあるのかもしれません。学業との違い・ギャップを運転に感じる人ほど、挫折しやすいのかもしれません。

延泊しなければいけないことのプレッシャー

合宿免許延泊のプレッシャー

また、合宿免許は試験に受からないと、何度も試験に合格するまで、繰り返し受けることになり、その分、延泊料金もかかってしまいます。このことがプレッシャーになり、運転技術が習得できないこともあります。通学型の免許講習ならば、家から通えばいいので、そのような延泊プレッシャーはないのですが、合宿免許ならではの、期限内に免許取得しなければいけないというプレッシャーがあるのです。

合宿免許では極端に考えすぎないこと

合宿免許で挫折を経験しないために

合宿免許で挫折しないためには、極端に考えすぎないことです。少し習得に遅れても気にしないこと、永遠に免許が取れないわけではないので、細かく考えすぎないことです。深く考えてしまうと、負の連鎖にはまってしまいます。回りのサポートや教わったことをしっかりと聞いて、ネガティブに考えすぎずに教習に挑むことが大切です。普通に受けていれば、免許を取得することは十分可能です。前向きに合宿免許に取り組んでみましょう。

ちなみに自分に合った合宿プランを探すならば、下記のサイトがオススメなので、ぜひ見てみると良いでしょう!