※ 記事内に広告が含まれる場合がございます。



これから合宿免許に申し込む人は、ご飯ありがいいのか、なしがいいのか、迷う人も少なくないでしょう。そこで今回は、合宿免許のご飯ありなしについて詳しく見ていきましょう。

合宿免許はご飯あり?なし?

ご飯ありなし合宿免許

もし、少しでも費用を抑えて、安く合宿免許を受けたいならば、ご飯なしプランを選んだ方がいいでしょう。ただ、ご飯なしプランを選ぶことで、メリットやデメリットがあります。

ご飯なしのデメリット

ご飯なしのデメリット

合宿免許ご飯なしプランのデメリットは、やはり自分でご飯を用意しなければいけないことです。現地で買い出しする必要があると思いますが、いちいち近所のスーパーやコンビニに買い出ししなくれはいけないので面倒くさいこともあります。また、近ければいいですが、車で移動しなければいけない距離だと、なかなか自由に買い出しに行くことができません。ご飯なしプランで申し込む場合は、近隣に食材が帰るお店があるか、よく確かめておく必要があるでしょう。

また、自分で料理しなければいけないので、作る時間が必要になり、その分勉強できる時間が少なくなります。毎食ごとに用意しないといけないため、試験勉強などに時間を割きにくいことがあるでしょう。さらに、自分が料理できるものや好きなもの、簡単なものを作る傾向にあるので、栄養面で偏りが出てきます。自炊のデメリットは、栄養配分を考えた食事がとりづらいということが挙げられるでしょう。

ご飯なしのメリット

ご飯なしのメリット

ご飯なしのメリットは、やはり合宿費用を安く抑えられることです。少しでも安くしたいならば、ご飯なしプランが良いでしょう。また、自炊なら好きな時間に食事をすることができます。自分のペースで食事したい人には向いているでしょう。その他には、好き嫌いが多い人など、自分が食べたい・食べれる料理が作れるのも、ご飯なしのメリットでもあります。

ご飯ありなしでも料金は1万円くらいしか変わらないことも

ご飯ありなしプランはそれほど料金が変わらない

このようにご飯ありなしでメリット・デメリットがあるのですが、実はそれほど料金の差がないのです。ご飯ありでも、なしプランより1~2万円くらいしか差がないこともあります。なので、しっかり健康的な食事を取りたいのならば、ご飯ありプランでも良いのかなと思います。ご飯ありならば、自分で食材を買いに行ったり、時間を割いて料理をする必要がありません。

ただ、学生にとっては1万円でも大金だと思うので、少しでも安く合宿費用を抑えたいならば、ご飯なしプランが良いでしょう。

朝食だけなどプランが選べる

朝食だけなどプランが選べる

なお、ご飯ありでも、朝食だけなど自由に選べるプランもあります。少しでも費用を抑えて、かつ健康的な料理を食べたい、美味しいご飯を食べたい人は、自分に合うプランを組んで合宿免許を申し込んでみるといいでしょう。自分に合ったプランを探すならば、下記の合宿免許申し込みサイトがオススメです。合宿免許では、長期の滞在なので、しっかり栄養を取ることも大切です。ご飯ありなしにするかは、よく考えてみると良いでしょう。