合宿免許は最長どれくらいかかるのか、気になる人もいるでしょう。最短だと14日程度なのですが、最長はどれくらいかかるのか、詳しく見ていきましょう。

合宿免許は最長どれくらいかかるの?

長期の休みが必要になる

実際には、合宿免許の場合は、ほとんどの人が最短で卒業していきます。それだけ、多くの人が最短で卒業できるように、しっかりとカリキュラムが組まれているからです。ただ、そうは言っても、運転が苦手な人は、いつまで合宿できるのか気になる人もいるでしょう。

これはかなり稀なケースですが、人によっては1ヶ月合宿免許に通う人もいるようです。なかなか技能試験などが受からず、最長で1ヶ月くらい合宿免許に通う人もいます。ちなみに合宿免許は、保証プランがついていれば、追試をしても追加料金はかかりません。

ただ、延泊料だけはかかるので、1ヶ月いると延泊料で約10万円ほどかかってしまい、合宿免許の方が通学免許よりも高くついてしまうこともあります。

自宅近くの教習所に転校する方法もある

合宿免許から自宅近くの教習所

また、合宿免許がなかなかうまくいかない場合は、自宅近くの教習所に転校する方法もあります。普通免許の教習期限は9ヶ月なので、1ヶ月で合宿免許がクリアできなくても、自宅近くの教習所で残り8ヶ月で免許取得を目指すことができます。ただ、転校手続きの手数料などで追加料金が発生することが考えられます。

やはり、一番良いのはなるべく最短で合宿免許を卒業することです。最初は慣れなくても、教習を重ねることで運転の仕方がわかってきます。ぜひ前向きに挑戦してみることが大切です。ちなみに合宿免許を探すならば、下記のサイトだと、自分に合うプランが選べるのでオススメです。ぜひチェックしてみると良いでしょう。