※ 記事内に広告が含まれる場合がございます。



東京バニアンホテルに宿泊してきました。

P1100111

P1100113

東京バニアンホテルは、大井町駅からも近くにあるのでとてもアクセスしやすいです。

P1100112

近くには、豚料理が美味しそうなお店もありましたよ。

東京バニアンホテルは、商店街にポツンと立っているホテルで、夜の街頭だと看板の書体がやや可愛いため、ホテルがお洒落なイメージを感じさせます。

P1100115

P1100114

このように連泊者もいるようで、ドアにアメニティが置いてありました。

P1100116

P1100117

お部屋はツインルームになります。客室ドアを開けたら、すぐにベットがある感じです。ツインなので、お部屋もゆったりしていて、都心にしてはやや広く感じました。

P1100118

カーテンはこのようなタイプになっています。引くと下がるタイプのカーテンですね。

P1100119

テレビもちゃんと備わってましたよ。ベットから寛いでみることができますね。

P1100120

これ、なんだと思いますか。私は最初、加湿器か空気清浄機かはたまたパソコンのハードディスクかと思ったのですが。

P1100125

なんと、冷蔵庫でした。今までに見たことの無いタイプの冷蔵庫ですが、ちゃんと冷えてくれます。

P1100126

また、東京バニアンホテルは客室から無線LANでインターネットが使用できますよ。

P1100121

P1100122

P1100124

さてさて、気になる東京バニアンホテルのユニットバスですが、浴槽がこじんまりしてますが古いなりにもキレイに努力されている感じでした。大きな欠点は見当たらない感じです。排水も詰まることなく、きちんと流れてくれます。

P1100123

また、東京バニアンホテルのシャンプーは良い香りがして、こだわっている感じでした。こういうシャンプーには、好感が持てますね。

P1100127

おもしろかったのが、横からの浴槽の排水の仕方。横に、このような穴が空いていて、これ以上お湯をためられないように工夫されているのですね。穴へ豪快にお湯が落ちていきます。しかし、詰まることがないのでスゴいですね。

このように、東京バニアンホテルは他のホテルにはない、おもしろポイントがあります。大井町からも近く、都心には大変アクセスしやすいです。また、料金もお手頃なので遠方から東京にこられる方にもおすすめですね。ただ、東京バニアンホテルは前金の現金支払のみで、カード決算ができません。それが難点かなと思いますが、宿泊される方は現金を用意しましょう!

しかし、フロントに言えば通常10時チェックアウトのところ、12時まで無料延長することができます。朝もゆっくりしたい人には非常に嬉しいサービスですね。

東京バニアンホテル
住所: 〒140-0014 東京都品川区大井1丁目44−3
電話:03-3777-3211