※ 記事内に広告が含まれる場合がございます。



ハワイ・オアフ島ホノルルでレンタカーを借りる人も少なくないでしょう。今回は、実際にダラーレンタカーを使って、苦労したことや良かったことについて、詳しく説明していきたいと思います。

ハワイ・ホノルルのダラー(DOLLAR)レンタカーで失敗しないためには!

ホノルルダラーレンタカーでの失敗談

日本でもレンタカーをあまり利用しない人や海外でレンタカーを使った経験が少ない人は、最初は戸惑うことも多いと思います。特に、海外でのレンタカーは日本とは勝手が違うので、苦労することが多いのです。そういう私も苦労した一人です。

空港からダラーレンタカーオフィスに行くのがめちゃくちゃ分かりづらい

日本でダラーレンタカーを予約

今回、私は日本でダラーレンタカーを予約しておきました。ちなみに、ダラーはDALLARではなく、「DOLLAR」になりますので、ご注意を!ダラーレンタカーのサイト自体は、日本語表記もあるので、わかりやすく特に難点はありませんでした。ただ!ホノルル空港からダラー営業所(空港近く)まで行くのに、大変手こずりました。

というのも、空港から営業所へは上記のようなシャトルバスで行くのですが、どこでシャトルバスを待つのかが全くわからなかったのです。

空港からダラーレンタカーの事務所へは、シャトルバスで行くことは知っていました。なので、空港にある案内板や、空港で聞いた人の話を頼りに行くと、上記のAvis Car Rentalがあるところに、たどり着くのです。でも、ここは各レンタカー会社の案内所になり、ここにはダラー事務所もお迎えシャトルバスも来ないのです。それで、また空港に戻って探しても、シャトルバス停留所やダラーレンタカーの案内所が見つからないのです。それで、また人に聞き指示通り向かうと、Avis Car Rentalなどがある案内所についてしまうという、悪い状況(ツボ)にハマってしまった状態でした。

もう、何回も同じところに行っては、違う!の繰り返しなので、なんなら歩いて行ってやろう!かと思いましたが、上記の地図の通り、歩くにはやや距離があり、治安のことも考えて、ひたすらシャトルバスを探していたのです。すると、私の眼の前を、ダラーのシャトルバスが過ぎ去るのを発見しました!でも、早いスピードで通り過ぎてしまい、乗れませんでした。しばらくすると、またダラーのシャトルバスが来ます。急いで、乗ろうとすると、そのバスは空港行きのバスで乗れなかったようで、次のが後ろに来るから待っていろと、バスのドライバーに言われました。

ダラーレンタカーのシャトルバスが迎えに来るポイント・場所

そうなんです。実は、ダラー行きのシャトルバスは、めちゃくちゃわかりにくいところにあるのです。何人かの空港にいるスタッフに聞いたときに、聞き逃していたのですが、Avis Car Rentalなどがある案内所と空港の間の道路(しかも2階ではなく1階)にダラーのシャトルバスが迎えに来ると言っていたのです!それが上記の場所なのです(GoogleMapでも表示しないため自分でスクショして表記しました!)。

わかりづらいダラーレンタカーのシャトルバス

ダラーレンタカーのシャトルバスは、このような1階の薄暗いところに来ます。奥に見えるのが、ホノルル空港の入り口です。ちょうど、道路と道路の間の、幅が狭いレーンにシャトルバスの停留所があるのです。

シャトルバスの目印ダラーレンタカー

これがシャトルバス停留所の目印です。めっちゃ小さくないですか?(笑)よくみんな見過ごさずに、見つけられるなと感心してしまいました。恥ずかしい話、この看板を見つけられず、なんだかんだダラーレンタカー事務所(オフィス)に着くまで、2時間かかりました!おかげで同行していた人に、準備の悪さをすごく怒られました!こんなに時間かかるなら、歩いてオフィス行った方が絶対早かった!

らくらくプラン(日本払い)がオススメ!

そんなこんなで、無事ダラーレンタカーオフィス(ホノルル空港近く)にようやく到着したのですが、手続き自体はとても簡単でした。ただ、デジタルペンでサインするところを、わからずに、ボタンだと思って指で押そうとして、現地受付スタッフ(アメリカ人)に爆笑されてしまいました(汗)。そんな大ボケがありましたが、あとは簡単に車を借りることができました。

ダラーレンタカーで車を借りる場合は、らくらくプラン(日本払い)がオススメだと思います。現地払いだと何かとオプションをつけるよう営業されるようなので、日本払いのらくらくプランが良いと思います。ただ、この時は急な予約だったので、らくらくプラン(現地払い)しかなく、それで予約したのですが、大ボケしたせいか?特にしつこい営業は受けませんでした。

あと、営業スタッフの対応が悪いという口コミも見ますが、世界最高レベルのお客様対応ができる日本に比べたら、アメリカ人たちにとってはかわいそうかと思います。アメリカ他、外国のお客様対応はある程度レベルが低いのはしょうがないことだと個人的には思います。そう見れれば、雑な対応されても、特に気になることはなかったです。アメリカ人の対応を見て、改めて日本人のサービスは素晴らしいと感じることでしょう。もっとも、その時はそれほどひどい対応ではなかったのですが。

レンタカーがあれば、好きな場所・海へ行ける!

ダラーのレンタカーで色々ハワイを回れる

私たちは、上記のようなシボレー(Chevrolet)のコンパクトカーを借りました。スーツケースがあると2人でいっぱいになると、公式サイトには書いてありますが、トランクもあるので、4人でも座れなくはないかなといったところです。ただ、荷物が多めな人で4人乗る場合は、もう少し大きめの方が良いのかもしれません。車の大きなはよく考えて選びましょう。

ハワイオアフ島は車があった方が良い

実際、ハワイで運転して見て思ったのは、意外なほどのオアフ島の大きさです。もっと小さいかと思っていたのですが、車でないといけないところはたくさんあります。ノースショアなどは、バスでも行けると思いますが、車で行った方が楽ですし、途中で車を止めて、上記のようなプライベートビーチみたいな海を楽しむことができるので、断然レンタカーをオススメします。レンタカーを利用しない旅行客だと、ホノルル周辺に限定されがちですが、ホノルル以外にも豊かな自然を感じられる場所はオアフ島にたくさんあるので、そういう意味でもレンタカーの利用は激しくオススメしますね。

また、オアフ島は広いので、GPS(カーナビ)もオプションでつけた方が良いかもしれませんが、wifiなどネット接続できるならば、GoogleMapを頼りにドライブするのも良いでしょう。ただ、ハワイでの運転は慣れないと思うので、実際に最近でも日本人大学生が死亡事故をハワイでも起こしているので、運転には十分注意しましょう。

ハワイはクラクションを鳴らす人が少ない

ハワイではクラクションを鳴らす人が少ない

ただ思ったのが、ハワイではクラクションを鳴らすドライバーが、日本に比べて極端に少ないことです。日本なら、2秒に1回なるようなクラクション(都市部など)が、ハワイだと1時間に1回も鳴らないことが普通です。それだけ、余裕を持って現地ドライバーたちが、運転できているということなのかな、と感じたりもしました。日本の都会のような、慌ただしい運転をする必要は無さそうです。

はっきり言ってホノルルの駐車場は高い

ハワイホノルルの駐車代が高すぎる

ただし!ホノルルの交通で注意してもらいたいのが、ホノルルの駐車場はクッソ高いということです。ホテルと提携している駐車場ならば、割と安く、それでも30ドル(1泊3,000円超え!)で利用できますが、駐車スペースが狭く先着順のため、さらには場所もわかりにくいため、なかなか安く駐車場を利用することができません。無料で停められる場所もあるのですが、ホテルから遠かったり、夜は治安の問題もあるので、なかなか利用できないのです。

ハワイの駐車場代金は高すぎる

そういう私もホテルの駐車場が、どこにあるかわからず、上記のような場所に一晩車を止めました。

ちょうど目の前に、ミリタリー(米軍)博物館やトランプホテル、海もある良い場所で高そうかなと思ったのですが、ちらっとみたら、40ドル(4,000円ちょっと)くらいに見えたので、そこで夕方から翌日昼過ぎまで車を止めていました。

そうしたら、車を出るときに、なんと駐車代金は78ドルくらい(8,000円近く)請求されたのです!めっちゃ高いな!と思いながらも、しぶしぶカードで支払いましたが、改めてホノルルの駐車場は高いこと、またむやみに駐車しない方が良いことを思い知らされました。ホノルルで一泊駐車する場合は、よくホテル側と駐車場があるか確認しておいた方が良いでしょう。

ダラー(DOLLAR)レンタカーはガソリン満タン返し不要!

ダラーレンタカーはガソリン満タン返し不要

ただ、ダラー(DOLLAR)レンタカーで借りて良かったのは、ガソリンの満タン返しが不要な点です。返すときに、わざわざガソリンを満タンにする必要はなく、そのままガソリンが減った状態で返せるのです。外国だとガソリンの入れ方もよくわからないので、不安に思うものですが、ダラーレンタカーならば、ガソリン使いきりでOKなので、うまくいけば、一度もガソリンスタンドを利用せずに、車を返却することができます。

また、さきほどのらくらくプランならば、保険も全て含まれているので、安心して運転することができるのです。現地スタッフには、日本語を話せる人もいるので、英語が苦手な人でも気軽にダラーでレンタカーを借りることができるでしょう。

返却場所は一方通行が多いのでご注意を!

ダラーレンタカーは返却場所がわかりにくい

ただ、気をつけてほしいのが、ダラーレンタカーの返却場所もわかりにくいことです。

ホノルル街で車を返却する人は、上記の場所に車を返却するのですが、ご覧の通り一通が多いのです。車を返却するときは、川沿い通りのアラ・ワイ・ブールバード(Ala Wai Blvd)から一方通行のクアモア・ストリート(Kuamoo St)に入らないと、ダラーレンタカーの返却場所に入れないようになっています。慣れたら問題ないことなのですが、最初はわからず、何度も迂回すると思いますので、よく確認しておきましょう。

安さお手軽さで行くならダラーレンタカーもあり!

以上のように、ダラー(DALLAR)レンタカーについてお話ししてきました。総評として、安さお手軽さで行くなら、ダラー(DALLAR)レンタカーもありだと思います。ただ、現地スタッフの接客対応に高いレベルを求めるのであれば、他のレンタカーを検討してもいいでしょう。ある程度、自由に気兼ねなく車を乗りたいならば、ダラー(DALLAR)レンタカーもオススメです!色々戸惑うことがあると思いますが、ぜひハワイのドライブを楽しんで見てください。

また、ハワイでレンタカーを借りるならば、複数レンタカー会社の中から最安値を表示させ比較できる、世界最大級のレンタカー比較サイトの「レンティングカーズ」がオススメです!簡単予約も可能なので、ぜひサイトチェックしてみると良いと思います!最安値ホノルルレンタカー比較