合宿免許を転校したい、自分に合わないから違う場所で運転技術を学びたい、と思う人もなかにはいるでしょう。合宿免許の転校について詳しく見ていきましょう。

合宿免許は転校できるの?

合宿免許は転校できるのか

合宿免許を転校したいと思う人もいます。この記事を読んでいる人も、現在、転校を考えているのかもしれません。合宿免許の転校は基本的にはできないのですが、例外で転校できるケースもあります。不幸事など止む追えない事情が発生してしまった場合などには、転校できる場合があります。転校できるかどうかは、通う合宿教習所に確認してみると良いでしょう。教官と合わないから転校したいというのは、認められるか難しいところです。教習所に聞いてみましょう。

第二段階途中でも転校できる

合宿免許は第二段階途中でも転校できる

合宿免許の転校は、第二段階途中でも転校することができます。良心的な合宿免許なら、未受講分の学科教習分や技能教習分の料金、また宿泊費用について返金対応してくれるところもあります。また、これまで修了した分の教習は引き継がれ、転校したら、まだ受けていない教習分からスタートすることができます。なので、転校しても全くゼロからのスタートではありません。転校先での受講料金は、既に受けた分は差し引かれるため、当然安くなるはずです。

転校する場合のメリット

合宿免許転校する際のメリット

転校する際のメリットは、新たな気持ちでまた合宿免許を受けられることです。以前の教習所や土地が肌に合わなかった人は、フレッシュな気持ちで教習を受けることができます。運転学習は精神的な負担で大きく変わってきたりするものなので、場所を変えれば、運転知識や技術の習得スピードが早くなる可能性もあります。また、新たな出会いもあり、それまでとは違った刺激もあるでしょう。

何らかの理由で、どうしても今の合宿免許先に通うのが難しい場合は、転校を考えるのもありかもしれません。そのままズルズルと精神的に追い込まれて通うよりも、新たな気持ちで新天地で教習に挑む方が、心の衛生面では良い場合もあります。これは、本人の考え方や気持ちの問題でもあるので、合宿先とよく相談して、今後の方向性を考えてみると良いでしょう。

転校する場合のデメリット

合宿免許を転校する場合のデメリット

逆に合宿先を転校する場合のデメリットは、また新たな教習所を自分で探さないといけない点です。合宿中の場合は、不慣れな土地で新たに教習所を探さなければいけないので大変です。また、未受講分が返金されるかどうかも、通う教習所に聞いてみないとわかりません。

新しい教習所では、これまで受けた教習分は割り引いて、安い料金で受けられますが、それでも入学料や様々な転校手続きや手数料で、トータルで見ると当初よりもだいぶ高い出費になってしまうでしょう。転校する場合も、肉体的にも精神的にも大変で、また費用もそれなりにかかってしまうのです。

合宿免許で転校するかはよく考えた方が良い

合宿免許で転校するかはよく考える

合宿免許で転校するかは、このようにいろいろ手続きも大変なので、よく考えた方がいいです。転校したい理由が一時的な感情によるものなのか、それとも、どうしても転校しなければいけないことなのか、今一度冷静に考えてみましょう。費用面で考えるならば、転校しない方が安く済みます。しかし、精神的な問題などは、本人しかわからないことなので、よく考えてみると良いでしょう。

ちなみに、合宿免許を探すならば、自分に合うプランが選択できる下記のサイトがオススメです。ぜひチェックしてみると良いでしょう。