※ 記事内に広告が含まれる場合がございます。



留学や海外旅行する方にこそ、キャッシュパスポートはオススメしたいと思います。キャッシュパスポートとはどういうものなのか、メリットやデメリットは何か?詳しく見ていきましょう。

キャッシュパスポートとは?

キャッシュパスポート

キャッシュパスポートは、海外で使える、お財布のような海外専用プリペイド トラベルマネーカードになります。キャッシュパスポートを使えば、海外でもいつでも簡単に現地通貨が引き出せて、両替の手間や時間も省くことができるのです。また、加盟店ではデビットカードとしても、そのまま利用することができます。

キャッシュパスポートのメリット

キャッシュパスポートは、下記のような様々なメリットがあるのです。

1枚のカードで9通貨を保有できる

キャッシュパスポート1枚持てば、下記の9通貨を保有でき、いつでも通貨を引き出すことができます。

  • USドル
  • 英ポンド
  • ユーロ
  • 豪ドル
  • NZドル
  • カナダドル
  • シンガポールドル
  • 香港ドル
  • 日本円

しかも外貨建ては、入金時に為替レートを固定して残高を外貨で保有できるので、為替レートの変動を気にする必要がありません。普通は、その時のレートを気にしながらも、両替する必要があるのですが、キャッシュパスポートならば、為替レートが固定されているので、レートを気にせず、現地通貨を引き出せるのです。

世界210カ国以上の国や地域のMasterCard対応ATMや加盟店でのショッピングに利用可能

キャッシュパスポート利便性

また、キャッシュパスポートを使えば、世界210カ国以上の国や地域のMasterCard対応ATMや加盟店でのショッピングに利用可能です。なので、現地通貨を引き出すキャッシュカードのように使えたり、ショッピングや食事の代金の支払いとして、クレジットカードのようにも、キャッシュパスポートは使うことができるのです。

また、お金が足りなくなったら、自分でチャージしたり、日本の家族からチャージしてもらえば、引き続きキャッシュパスポートで現地通貨を引き出したり、キャッシュカードとしても使えます。送金自体も簡単に行えますし、有効期限は最長5年間あり、再入金することで継続して、キャッシュパスポートを利用することができるのです。

プリペイドカードなので使いすぎる心配がない

キャッシュパスポートは、正確にいうとプリペイドカードになります。なので、残高の範囲内でのみ利用可能なので、普通のキャッシュカードのように、預金残高以上に使いすぎる心配はないのです。ついつい使いすぎてしまいがちな方でも、キャッシュパスポートならば、心配なく利用することができるでしょう。また、専用ウェブサイトの「マイアカウント」で残高や取引履歴を簡単に確認することもできます。

スペアカードも同時発行される

また、キャッシュパスポートの良い点は、申し込みと同時に無料でスペアカードも発行されることです。ですから、旅行先で万が一盗難や紛失などにあっても、スペアカードが使えるので安心です。また、トラブル時などのカードサービスは、24時間365日サポートしているので安心して、キャッシュパスポートを利用することができます。

未成年でも申し込み可能

キャッシュパスポートは未成年でも申し込み可能

キャッシュパスポートは、銀行口座の開設が不要なので、未成年でも申し込みができるのです。また、申し込みをしてから1週間程度で自宅にカードが届けられます。

キャッシュパスポートのデメリット – 手数料がかかる

このように、キャッシュパスポートを持つことでメリットは多々あるのですが、逆にデメリットを挙げるとすれば、手数料がかかることです。

入金時に入金金額の1%の手数料がかかり、その他に為替手数料が4%、ATM引き出し手数料が米ドルの場合は2ドルかかります。また、カード精算する場合は、500+消費税の手数料がかかるのです。このように、所々手数料がかかりますが、それでもキャッシュパスポートを持てば、現地通貨をすぐに引き出せますし、キャッシュパスポートで決算できるというメリットもあります。

特に留学や長期旅行される場合は、保険としてキャッシュパスポートを持っていくのも良いのではないかと思います。スペアカードも同時発行されるので安心感も大きいです。