※ 記事内に広告が含まれる場合がございます。



飛行機内では、読書を楽しむのに絶好の時間です。

今回は、飛行機で読書を楽しむ方法について、お伝えしていきましょう。

長時間の飛行旅行は読書にちょうど良い

飛行機で読書を楽しむ

例えば、日本からヨーロッパやアメリカ大陸へ飛行機で向かうとなると、13時間以上かかることもあります。

この長い時間は寝るのも良いですが、読書をするのにも良いでしょう。

読書用照明があると良いかも

ただ、機内の読書灯は暗くて見えにくい場合もあります。

そういうときは、自前で読書灯を持って行くのも良いでしょう。

手元に上がりが欲しいひとには、便利なアイテムだと思います。

好評につき売切れです

タブレットがあると便利

タブレットがあると便利

ただ、ペンライトは当たり方によっては、ひとへの迷惑など気になるかもしれません。

そういう方は、タブレットで電子書籍を読むのも良いでしょう。

タブレットを使えば、ネットやアプリも利用でき、手軽に持ち運べるのでおすすめです。

機内では読書と共に、これまでの人生を振り返る良い機会

機内では読書と共に、これまでの人生を振り返る良い機会

また、飛行機での旅はいつもと違う環境なので、これを機会に読書だけではなく、これまでの人生を振り返ってみるのも良いかもしれません。

リラックスしながら、今後のことも考えることができるので、良い時間の使い方となるでしょう。

いつもとは違う本を読む

また、もし機内で読書をするならば、せっかくなのでいつもと違う本を読んでみると良いかもしれません。

環境が変わると、それまで興味なかった本でも、スラスラ読めて頭に入ることがあります。

なので、あえていつもは読まないような本を選ぶのも、良い機会かもしれません。

飛行機での読書にオススメな本

飛行機での読書にオススメな本

それでは、飛行機での読書にオススメな本を紹介します。

滞在先のガイドブック

まずは、旅行先/滞在先のガイドブックはオススメです。

このような現地に対応したガイドブックを読むと、気分も上がっていくことでしょう。

旅本

あとは、ガイドブックではなく、様々な旅人の手記も良いかもしれません。

こういう旅本を機内で読むと、まさに今自分も飛行機で旅をしているので、一緒に旅をしている感覚が得られ楽しいかもしれません。

飛行機に関する本

あとは、せっかく機内にいるので、飛行機に関する本もオススメです。

まさにリアルタイムで読めるので、読書で知識を得ながら、現場を体験しつつ旅行を楽しめるでしょう。

お金に関する本

これからの仕事や生活のことを考える機会として、お金に関する本もオススメです。

普段は、なかなかお金に関する本は読まないひともいると思います。

そういうひとこそ、ある程度の時間がある機内で、お金に関する読書も良いと思います。

特に、「金持ち父さん 貧乏父さん」は世界的な大ベストセラーなので、読んだことがない方にはかなりおすすめです。

自己啓発本

または、これまでの人生、そして今度の人生を考える上で、自己啓発本もオススメです。

上記は、どれも自己啓発系で人気の本です。

じっくり機内で時間をかけて読む本にふさわしいでしょう。

ノートも持っていくと良い

また、上記のようなオススメ本と共に、ノートも持っていくと良いと思います。

ノートを持っていけば、読書をしながら重要なポイントや気になったことを、ノートに書き写すことができます。

まとめたノートは、再度見直しするときにも便利です。

読書をしていると、ついポイントをメモしておきたいときがあるので、ぜひ一冊ノートも持っていくと良いでしょう。

機内での時間を楽しむためにも準備しよう!

機内での時間を楽しむためにも準備しよう!

以上のように、飛行機での読書にオススメな本やアイテムを紹介してきました。

いつもとは違う空間だからこそ、頭も冴えて読書が進むことがあります。

飛行機での移動を楽しむながら、新たな知識や考えも学べるので、読書をしたい方はぜひ準備をして、飛行機の旅を楽しむと良いでしょう。