「エコノミークラスでなるべく快適に過ごしたい」と切望するひともいるでしょう。

エコノミークラスは座席が狭いので、その気持ちよくわかります。

エコノミークラスで快適に過ごす方法

エコノミークラスで快適に過ごす方法

特に、ヨーロッパやアメリカ大陸へ行く場合は、13時間以上かかることもあり、窮屈な座席でじっと過ごすのも大変です。

本当は寝たいのに、なかなかエコノミークラスだと寝られないときもあるでしょう。

そこで、今回はエコノミークラスで快適に過ごす/寝る方法について、お伝えしていきます。

誰もがビジネスクラスやファーストクラスを利用できるわけではない

誰もがビジネスクラスやファーストクラスを利用できるわけではない

誰もがビジネスクラスやファーストクラスを利用できるわけではありません。

ビジネスクラス以上になると、エコノミーの何倍もの金額を払わなければなりません。

ファーストクラスなら100万円以上かかるでしょう。

お金持ちでもない限りは、多くのひとはエコノミークラスを利用するはずです。

エコノミークラスで快適に過ごすためには、アイテムが必要!

エコノミークラスで快適に過ごすためには、アイテムが必要!

では、どうすればエコノミークラスで快適に過ごせるのか。

それには、エコノミークラスで快適に過ごすためのアイテムが必要になります。

下記で、おすすめなアイテムについて、取り上げていきます。

寝間着

まずは、快適に過ごすために寝間着を用意することです。

スウェットなど動きやすい服装が良いでしょう。

ブランケット

また、座席にはブランケットが用意されていますが、飛行機のブランケットは薄手で寒い場合があります。

飛行機内は冷えることもあるので、暖かくしたい方は自前でブランケットを持っていくと良いでしょう。

上記のように、携帯タイプのブランケット着るタイプのブランケットなどがあります。

アイマスク

あとは、アイマスクです。

機内が眩しかったり、他のひとの動きが目をつぶっても光で見えたりして、なかなか眠れないことがあります。

そういうときこそ、アイマスクが必要です。

アイマスクをするだけでも、遮光性あり効果が違います。

上記の「Dreamegg アイマスク」は、立体型でAmazonでもベストセラーの商品です。

目が疲れているひとなら、ホットアイマスクも良いかもしれません。

また、今ではUSB電熱式で何回も使えるホットアイマスクもあります。

しかも、温冷両用タイプで、タイマー設定や温度調節もできる優れものもあります。

その他にも、目元マッサージや音楽機能がついたホットアイマスクもあります。

エコノミークラスを快適に過ごすためにも、ぜひアイマスクは用意しておくと良いでしょう。

耳栓

あとは、耳栓です。

機内は、トイレに行くひとなど、音が気になり、なかなか眠れないことがあります。

そういうときこそ、耳栓があれば音をシャットアウトすることができます。

上記は、Amazonでよく売れている耳栓なので、興味あるひとはぜひチェックしてみると良いでしょう。

クッション

そして、エコノミーで快適に過ごす上で欠かせないのが、クッションです。

クッションはいろいろなタイプがあるので、順に紹介していきます。

やはり、寝るときの首の不安定さが気になると思うので、このようなネックピローはあると良いでしょう。

ネックピローもいろいろなタイプがあります。

例えば、上記のような低反発U型まくらのもの。

好きな形に曲げられるトラベルピロー。

頭部をしっかりサポートし、イヤプラグ(耳栓)とスリープマスク(アイマスク)付きのもの。

低反発のH型で、洗いやすいフード付きのエアピロー。

このように、様々なタイプがあります。

また、ネックピローだけではありません。

長時間移動でも足をリラックスできるフットレスト(フットサポート)。

足置きだけでなく、抱き枕としても使えるフットレスト。

機内で抱き枕としても使えるトラベルピロー。

長時間でも腰やお尻に優しいクッション。

上記のような、様々な便利で快適に過ごせるアイテムがあります。

エコノミークラスで快適に過ごすためには準備が必要!

エコノミークラスで快適に過ごすためには準備が必要!

このように、狭いエコノミークラスで快適に過ごすためには、アイテム準備が不可欠です。

快適アイテムがあるかないかで、飛行機で心地よく過ごせるか大きく違ってきますので、これから飛行機での旅行をするひとは、ぜひ上記でおすすめするアイテムを準備しておくと良いでしょう。