※ 記事内に広告が含まれる場合がございます。



誰でも得する節約旅行法があります。今まで普通に旅行していたよりも、何倍も得する旅行方法があります。これを知らないがために、今まで損をしながら旅行していたのです。

旅行で得するための大事なポイントが、LCCです。

LCCはご存知でしょうか。そうです、ローコストキャリアつまり格安航空会社のことです。このLCCを選ぶか否かで旅行費は大きく変わってくるのです。

LCCは、ざっと上げるだけでも、こんなにあります。

  • ピーチ・アビエーション
  • バニラ・エア
  • ジェットスター・ジャパン
  • 春秋航空日本
  • スカイマーク
  • スターフライヤー
  • スカイネットアジア航空(ソラシドエア)
  • エア・インディア・エクスプレス
  • エア・デカン
  • ジェットライト
  • 香港エクスプレス航空
  • シルクエアー
  • タイガー・エアウェイズ
  • タイ・エアアジア
  • エアプサン
  • ジンエアー
  • 済州航空
  • ティーウェイ航空
  • イースター航空
  • 春秋航空
  • エアブルー
  • エアロアジア国際航空
  • エアアジア
  • コレンドン航空
  • サンエクスプレス
  • マンゴ
  • ベルベット・スカイ
  • フライ・ゴーエア
  • アトラス・ブルー
  • ジェットフォーユー
  • ヴァージン・アメリカ
  • エアトラン航空
  • サウスウエスト航空
  • ジェットブルー航空
  • フロンティア航空
  • ウエストジェット航空
  • エア・トランザット
  • アボラール
  • インタージェット
  • ヴァージン・ブルー
  • タイガー・エアウェイズ・オーストラリア
  • パシフィック・ブルー航空
  • エア・アラビア
  • フライドバイ
  • ジャジーラエアウェイズ
  • サマエアラインズ
  • エアリンガス
  • ライアンエアー
  • イージージェット
  • トーマスクック航空
  • ウィンドジェット
  • ヴォラーレ・エアラインズ
  • エア・イタリー
  • ブルー・エクスプレス
  • 上記以外にもまだまだあります。それほどLCCはあるのです。ではなぜLCCは安いのでしょうか。それは経費を極限まで切り詰めているからです。まず機内の飲食は有料サービスになります。また荷物を持ち込める料も限られており、重量オーバーの場合は追加料金がかかります。そして人件費も削られています。一説にはパイロットの給料は新幹線の運転士より低いとも言われています。その他にはLCCの搭乗口は非LCCよりも遠いところに設けられています。場合によってはバスで飛行機まで移動することもあります。なぜなら場所によって掛かる費用も違うからです。LCCは費用削減のためどうしても非LCCよりも搭乗ゲートから遠い場所に搭乗口があります。東京都で考えた場合、LCCは成田空港にあります。なぜなら都心に近い羽田空港はLCCにとって使用するのには、割高だからです。従ってLCCを利用する場合は成田空港まで行く必要があります。

    このようにLCCを使用することによって、様々な制限がありますが、それらをクリアできればとても割安で飛行機に乗ることができます。時期によってはかなり値段の違いがあり、LCC利用者は移動費で得することができます。今まで飛行機移動費に悩まされていた方はぜひLCCを検討してみましょう。

    今はさまざまなLCCがあります。各会社によってサービスも違ってきます。またその違いを楽しむことも旅行の醍醐味とも言えます。LCCは安いだけでなく、搭乗手続きのスペースはスタイリッシュなタイプも多いのでとても気持ちがいいです。新鮮さを感じることもできます。

    もし旅行で得をしたいのならLCCを検討してみましょう。今まで損していたことに気づかされるかもしれません。